矢堅目の塩 100g

yagatame-1

270円(税20円)

やがため景観


   

美しい海が産み出す塩があります



矢堅目は長崎県の最西端・五島列島の
北部に位置する新上五島町内にあります。
小値賀町のすぐお隣の島です。
東シナ海に浮かぶ新上五島町もまた
大部分が西海国立公園に指定されています。

リアス式海岸が上五島町だけで429kmもあり
そこに黒潮と対馬海流が流れ込みます。

そんな豊かな海流に囲まれた
自然豊かな上五島町の湾の一つ、奈摩湾内で
「矢堅目(やがため)の塩」はつくられています。

五島列島、上五島の奈摩湾入り口に位置する
「矢堅目」の壮大な岩は
五島列島西方海上航路の目印になっています。

この名の由来はその昔奈摩湾に侵入してくる
外敵を見張るために
矢(守備兵)で堅(砦)めたことから
「矢堅目」という名が残されているそうです。


 





   

古代から伝わる伝統製法



「矢堅目の塩」は、五島近海の海水塩だけで
充分な時間と手間を掛けて精製しています。

海水100%を原料に、蒸発法などで
海水から水分を除くことによって塩分を濃縮し、
一切の添加物や加工助剤を加えずに
海水中の塩類を結晶化させた塩を
「海水塩」といいます。

第一工程では、美しい五島列島の海水のみを汲み上げ
煉瓦づくりの「かん水場」と呼ばれる釜場で
直火炊きで一昼夜かけて塩を煮詰めて行きます。

全て手作業で行われている塩作りは
気候条件やその日の薪の状態に応じて細かに調整する
職人の技の結晶でもあります。


 


やがため仕上げ釜



結晶化した塩は、旨み・まろ味・甘味を出すため
約2日間寝かせて、ろ過。
こうして「矢堅目の塩」が出来上がります。

 



やがため製造風景



   

毎日口にするものだから



人間の体に必要不可欠な「塩」。
毎日、口にするものだからこそ安心して口にできるものを。
そんな想いで、やがための塩本舗の川口秀太さんは
ご夫婦で塩づくりを行っておられます。

生まれ育った美しい島の美しい海の恵みで、塩をつくる。
完全手作業のため、大量生産は出来ません。
ひとつひとつ丁寧に作られています。


 





   

美しい五島の海を味わう。



矢堅目の塩は、粒が大きめの粗塩です。
昔ながらの平釜での行程のため
ミネラル成分
(ナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム)が
豊富に含まれています。

塩味は強めで後からまろやかさが広がり
少量でも料理の味わいを引き立てます。

うまみがありながら雑味が少なく
後味がすっきりと非常によいお塩です。

おむすび、肉料理、魚料理、お漬け物、お菓子など
様々な料理にお使いいただけます。

野菜の塩ゆでなどシンプルなお料理はもちろん
ゆで卵やステーキ、マグロのお刺身など
存在感のある素材にも負けることなく
美味しさを何倍にも引き立てます。

塩らしいまっすぐな味わいと
ひろがる旨味をどうぞお楽しみ下さい。



 


塩とやがため



矢堅目の塩
原材料名:海水(長崎県五島近海)
工程:平釜
内容量:100g







カテゴリーから探す

コンテンツを見る